ゲノムデザインサイクルプラットフォーム

 

 物質生産を目的とした高機能遺伝子デザインを達成するための生産宿主の設計・構築・測定・学習のゲノムデザインサイクル(GDC)の実施を支援するGDCプラットフォームを開発しています。

  GDCプラットフォームでは、ゲノムデザインサイクルの実現のためのGDCワークフローの提案と設計・構築・測定・学習の各プロセスに必要とされる独自のソフトウェア・ツール群をGDCツールボックスとして開発しています。

 

GDCワークフロー

 

 下例に示すような高機能遺伝子デザインに資する汎用的なワークフローを開発し、これらの推進に必要な独自ソフトウェア・ツール群を開発しています。

 

  • ゲノムスケール代謝デザイン
  • 遺伝子発現・反応制御デザイン

  • 遺伝子クラスターデザイン

  • 蛋白質分泌系デザイン

 

GDCツールボックス

 

 生産宿主や遺伝子クラスターの多様な設計・解析・構築ニーズに対応する独自ソフトウェア・ツール群を開発しています。

  • M-path:新規代謝経路デザイン
  • HyMep:ゲノムスケール代謝デザイン
  • OGAB設計:遺伝子クラスターデザイン、蛋白質分泌系デザイン
  • EDM:実験データマネージャ