沿革

 

  • 2018年8月29日

  事務局を現在地に移転。

 

  • 2018年5月28日

  日本医療研究開発機構委託事業「次世代治療・診断実現のための創薬基盤技術開発」を受託。

   ・研究課題2-1 「バイオ医薬品の高度製造技術の開発/高性能な国産細胞株の構築」

   ・研究課題2-5 「バイオ医薬品の高度製造技術の開発/先端的バイオ製造技術開発」

 

 

  • 2012年9月13日 

経済産業省の委託開発事業に参加することを目的に設立された。

児島宏之(味の素(株))、理事長就任。

 

  • 2012年10月10日 

経済産業省プロジェクト「革新的バイオマテリアル実現のための高機能化ゲノムデザイン技術開発」を受託。

事務局を八丁堀に移転。

 

  • 2014年4月8日

経済産業省プロジェクト(平成27年度より日本医療研究開発機構に移行)「次世代治療・診断実現のための創薬基盤技術開発事業(国際基準に適合した次世代抗体医薬等の製造技術のうち高生産宿主構築の効率化基盤技術の開発に係るもの)」を受託。

 

  • 2015年7月1日 

板谷光泰(慶応義塾大学)、理事長就任。