ニュース

 2021年度
  ◆2021/07/31

  当技術研究組合は所期の目的・役割を達成し、

  令和3年7月30日開催の第10期第2回組合臨時総会の決議により、

  令和3年7月31日に解散いたしました

  
 2020年度
   ◆2020/12/01

報道発表 

AMED委託事業における成果論文が、Nucleic Acids Researchに掲載されました。

「ピキア酵母においてターミネーター配列が RNA安定性と遺伝子発現量を制御していることを発見(神戸大学、再委託先:東京大学)

神戸大学HPに掲載 → 

  
  ◆2020/10/0203

Laboratory Automation Developers Conference 2020(LADEC2020)  

に協賛しました

  
    2019年度
 ◆2020/03/0608

14回日本ゲノム微生物学会年会 に出展します

※名古屋大会は中止され、紙上開催となりました

  
 ◆2020/01/29

当組合の理事長/ゲノム合成センターの板谷光泰先生が日本農芸化学会功績賞を

受賞されました。

令和2年度日本農芸化学会功績賞

https://www.jsbba.or.jp/about/awards/about_awards_achievement.html

   
  2019/12/02

組合の理事長/ゲノム合成センターの板谷光泰先生の書き下ろした総説が、

日本ゲノム微生物学会ニュースレター第20号に掲載されました。

・日本ゲノム微生物学会ニュースレターHP

https://www.sgmj.org/index.php?page=newsletter_index

・第20号直接ダウンロードはこちら

http://www.sgmj.org/pdf/newsletter/sgmj_no20.pdf

   
 

2019/12/02

当組合の技術顧問である東京農業大学名誉教授吉川博文先生が、122日付で

国立研究開発法人新エネルギー産業技術総合開発機構(NEDO)の技術委員(フェロー)に就任されました。

同機構は、バイオテクノロジー分野の担当部署を充実させる方針を打ち出しており、吉川先生の活躍が期待されます。

   
 

2019/11/25-27

  Frontiers in Genome Engineering 2019に出展しました

   
 

◆2019/11/16-17

極限環境生物学会2019年度大会に出展しました   

   
 

◆2019/09/18

  71回日本生物工学会大会シンポジウムにて板谷理事長が講演されました

 シンポジウム「大規模な遺伝子・ゲノムを扱うツールとしての接合伝達システムの開発と展望」

   
 

2019/07/25

2019年度第1回研究討論会in神戸 を開催しました

   
 

◆2019/07/22 

微生物ウィーク2019に出展しました

   
 

◆2019/07/22

TRAHEDの組合案内を作成しました (組合概要ページに掲載)

   
   
  2019/04/10
 板谷光泰先生の論文が日本農芸化学会の英文誌BBBの2018年論文賞に選ばれました
 Mitsuhiro Itaya, Miki Hasegawa, Masaru Tomita & Mitsuru Sato
 The first high frequency of recombination-like conjugal transfer from an 
 integrated origin of transfer sequence in Bacillus subtilis 168 
 pp.356~362
  
  ◆2019/07/01

 ゲノム合成センターを設立しました(センター長:板谷)

   
 
◆2019/04/01
 組合員情報を更新しました
   
   2018年度
   
 

◆2019/03/18

 應義塾大学の板谷光泰先生と東京工業大学の金子真也先生が

 研究成果等を紹介されました

 金子先生からは、AMED委託事業「次世代治療・診断実現のための創薬基盤技術開発

 事業 (H28~実施)」における研究成果を紹介され、

 板谷先生からは、TRAHED内のゲノムデザインに関する新たな部門の設立構想を中心

 にお話しされました

 新化学技術推進協会 ライフサイエンス技術部会 反応分科会講演会

 「微生物を活用したゲノム合成と遺伝子デザインによる産業革命:日本の独走」

 https://www.jaci.or.jp/event/event_apply.php?event_id=946

   
 

◆2019/03/08

 第4回デザイン生命工学研究会に協賛しました

 http://www.f.waseda.jp/kiga/designbio4.html

   
 

◆2019/02/07

 東北大学の梅津光央教授と阿部敬悦教授が新技術説明会にて講演されました

 『東北大学 新技術説明会』

 https://shingi.jst.go.jp/kobetsu/tohoku/2018_tohoku/inquiry.html

   
  2018/11/22 

 理化学研究所の白井智量先生と京都大学の荒木通啓先生が

 経済産業省委託事業「革新的バイオマテリアル実現のための高機能化ゲノム

 デザイン技術開発(H24-28年度実施)」の研究成果を紹介されました

 新化学技術推進協会 ライフサイエンス技術部会

 反応分科会講演会「人工代謝経路デザイン」

 https://www.jaci.or.jp/event/event_apply.php?event_id=904

   
 

◆2018/11/12

 神戸大学の中村泰之助教が

 i-BioN 2018 The symposium on Biorefinery and Bioprocess Topicsにて

 Best Poster Awardを受賞されました

   
 

 ◆2018/11/09

 慶應義塾大学の板谷光泰教授が「慶應義塾賞」を受賞されました

 https://www.mita-hyoron.keio.ac.jp/keio-photo-report/2018/12-201812keio_photo_report.html

 

   
 

◆2018/08/29

 東京事務局を築地に移転しました

   
 

◆2018/08/23  

 報道発表 

 経済産業省委託事業「革新的バイオマテリアル実現のための高機能化ゲノム

 デザイン技術開発(H24-28年度実施)」再委託先:石川県立大学 三沢典彦教授

 「お茶の未同定成分の1つがバレリアノールであること、及び本成分の生合成遺伝

 子を世界で初めて解明」

 プレスリリース(石川県立大学HPに掲載) → 

 北國新聞 に紙面掲載(2018年8月18日付)  →  

   
 

◆ 2018/08/15 

 インシリコバイオロジー社のオンラインショップがオープンしました

 新ウェブサイトURL: https://www.insilicobiology.co.jp
   
 

◆2018/04/03

 H30年度次世代治療・診断実現のための創薬基盤技術開発事業

 に2件の提案が採択されました

 研究開発課題名(契約締結課題名)

 ・バイオ医薬品の高度製造技術の開発/高性能な国産細胞株の構築

  (研究代表者:神戸大学・近藤昭彦)

 ・バイオ医薬品の高度製造技術の開発/先端的バイオ製造技術開発

  (研究代表者:神戸大学・石井純)

   
 

◆2018/04/01   

 「組合員一覧」 を更新しました

   
  2017年度
   
 

◆2018/03/16-18

 日本農芸化学会2018年度大会 に出展しました

   
 

◆2018/03/05-07

 第12回日本ゲノム微生物学会年会 に出展しました

   
 

◆2017/12/25-26

 平成29年度第2回研究討論会in神戸 を開催しました

   
 

◆2017/12/06 

 Dr. Clyde A. Hutchison III 特別セミナー を開催しました

   
 

◆2017/10/17 

 東京工業大学の金子真也先生が研究成果を発表されました →    

  JST新技術説明会

  「DNAの精製操作を要しない簡便・迅速な形質転換技術」

   
 

◆2017/10/11-13

 BioJapan 2017に出展しました (D-32ブース)

   
 

◆2017/09/12-14

 第69回日本生物工学会大会に協賛・出展しました

 ランチョンセミナーはこちら → 

   
 

◆2017/09/07-08

 第32回日本放線菌学会に協賛しました

   
 

◆2016/07/11-12

 平成29年度第1回研究討論会in鶴岡 を開催しました

   
 

◆2017/05/27-29

 2017年国立遺伝額研究所 国際シンポジウム 

 DDBJ 30周年記念シンポジウム 

 「ゲノムでわかる生命・環境・進化」 に協賛しました 

   
  2016年度
   
 

◆2017/03/21   

 第2回デザイン生命工学研究会に協賛しました

 報告はこちら → 

   
 

◆2017/03/17-20

 日本農芸化学会2017に出展しました

 報告はこちら → 

   
 

◆2017/03/02-04

 第11回ゲノム微生物学会年会に出展しました

 報告はこちら → 

   
 

◆2017/02/06-07

 平成28年度第2回研究討論会in神戸 を開催しました

   
 

◆2016/10/26  

 Scientific Reports 誌に論文が掲載されました。 

 (神戸大学大学院科学技術イノベーション研究科 石井准教授・近藤教授ら)

 「出芽酵母において種々の緑色蛍光タンパク質(GFP)を発現し、コドン最適化

 により予想以上の発現量と蛍光強度が得られることを発見」

   
 

◆2016/10/12-14

 BioJapan 2016 に出展しました

 講演はこちら → 

 PSS社ホームページ → 

 報告はこちら → 

   
 

◆2016/08/05 

 Science誌に論文が掲載されました 

 (神戸大学大学院科学技術イノベーション研究科 西田特命准教授・近藤教授ら)

 「DNAを切らずに書き換える新たなゲノム編集技術「Target-AID」の開発に成功」

 プレスリリース(神戸大学HPに掲載) →   

 新聞等多誌に掲載

   
 

◆2016/07/11-12

 平成28年度第1回研究討論会in鶴岡 を開催しました

   
 

◆2016/07/28  

 第6回合成生物工学シンポジウムに出展しました

   
 

◆2016/06/26-30

 Metabolic Engineering 11 に出展しました

   
 

◆2016/03/28-30

 マリンバイオテクノロジー学会 に出展しました

   
 

◆2016/03/28-30

 日本農芸化学会 に出展しました

   
 

◆ 2016/04/30 

 報道発表 

 (再委託先:京都大学大学院農学研究科

「酵母の熱適応進化の大規模ゲノム解析によって熱耐性因子の同定に成功」

 プレスリリース(京都大学HPに掲載) → 

 日本経済新聞 第1面、日本経済新聞インターネット記事に掲載 →  

   
 

◆2016/04/04-05

 日本ゲノム微生物学会 に出展しました

   
  2015年度
   
 

◆2016/02/04-05

 平成27年度第2回研究討論会in神戸 を開催しました

   
 

◆2015/07/09-10

 平成27年度第1回研究討論会in東京 を開催しました

   
 

◆2015/05/26 

 報道発表 (再委託先:慶応大学)  

 「DNA断片を連結 遺伝子導入技術に道」(日刊工業新聞 第25面)

   
 

◆2015/05/22 

 報道発表 (再委託先:慶応大学)

 「一度に50 個以上のDNA 断片を連結する遺伝子集積法を開発しました」    

 プレスリリース →   山形新聞 第26面に掲載

   
  2014年度
   
 

◆2015/02/05-06

 平成26年度第2回研究討論会in仙台 を開催しました

   
 

◆2014/07/03-04

 平成26年度第1回研究討論会in鶴岡 を開催しました 

   
  2013年度
   
 

◆2014/01/22-23

 平成25年度第2回研究討論会in神戸 を開催しました       

   
 

◆2013/07/04-05

 平成25年度第1回研究討論会in札幌 を開催しました